脱毛サロンに通うなら日焼けはNG

脱毛サロンで脱毛
脱毛サロンに行っている期間中に紫外線を浴びすぎてしまうと、脱毛ができなくなってしまう見込みがあります。

これは想像以上に知られていなくて、いざ脱毛サロンに通い日焼けをしてしまってから初めてその事を知り、間違いをしてしまうという事例もあります。

脱毛サロンで脱毛をする時の仕組みは、黒の色素にマシーンが反応してそこを脱毛するというものになっています。

それにより、肌があまりにも黒く焼けてしまうと、毛との区別があまりつかなくなってしまうのです。

脱毛の機器が毛の黒ではなく肌の黒を認識してしまっては、火傷のリスキー性などもあります。

それ故、日焼けが酷いケースには脱毛はできないという事になります。

なお、脱毛はできるだとしても、日焼けというのは肌へのダメージとイコールです。

脱毛で事前にダメージをうけ、敏感になってしまっている肌にそれに対ししかも紫外線でダメージを与えてしまったら、肌は相当弱ってしまいます。

ですから、肌をいたわるという解釈でも、脱毛サロンに通いながらの日焼けというのは厳禁であるという事を覚えておきましょう。

脱毛サロンに通っている間は、日焼け止めは当然UV切断の衣服であったり対策商品をちゃんとと使って、いつも以上に紫外線には気をつけるようになさってください。

そうすれば、肌への負担をなくす脱毛ができないなんていう事もなくなるので、どうぞ実践してみるようになさってください。

wt_admin201711